給湯器より水漏れが発生した場合、このくらいは大丈夫だろうと使用を続けてしまう人もいるのですが、これは必ず避けるようにしてください。水抜き以外の場所からの水漏れは、すぐに対処しなければ、とても危険です。

一酸化酸素中毒を引き起こす可能性がある

どの箇所で水漏れをしているのかによっても変わるのですが、ガス給湯器内部の水漏れが起きている場合は、内部によりガスが不完全燃焼を起こすことが考えられます。基本的には、安全装置が作動し、給湯器の作動がストップするはずなのですが、想定外の箇所からの水漏れの場合は、この安全装置が作動しないケースもあるのです。

安全装置が働かずに給湯器が作動し続けてしまうと、一酸化炭素が発生することがあります。一酸化炭素は無臭であるため、気づいた時には大変危険な状況になっていることも考えられます。命に関わるような大きな事故を招く可能性もありますので、放置することは危険でしょう。もし、原因が特定できない水漏れを発見した場合は、給湯器の電源を切り使用をストップしてください。

修理を自分ですることは可能?

ホームセンターにはさまざまな道具や用具が販売されているので、そのようなものを購入して自分で修理できないかと考える人は多いはずです。給湯器の修理といっても、パッキンの交換くらいで済むのであればいいですが、それ以上となると大きな出費となってしまいます。

ただ、給湯器を自分で修理するということは、経験がかなりなければ難しいことです。部品を交換するだけであれば可能かもしれませんが、部品が水漏れの原因とは特定できませんし。また、ホームセンターなどで販売されている水漏れ防止のテープを巻いたとしても、それは応急処置に過ぎません。給湯器内部はかなりの高音になりますので、巻いたテープが溶け出す危険性もかんがえられます。さらに、配管の接続が関わってくるような水漏れの場合、作業のレベルはかなり高くなります。

本来であれば少額で済んだ修理費を抑えようとしたために、もっと何倍もの修理費が必要になっていては意味がありません。給湯器からの水漏れを発見した場合には、自分で無理に修理をしようとせず、修理業者に依頼をするほうが安全です。