給湯器からのお湯が出ない場合、生活に支障がでますよね。原因としてはさまざまなものが考えられますが、まずは自分でできる対処法を試してみましょう。けれど、どうしても復旧しなければ、専門業者への修理や買い替えを検討した方がいいかもしれません。

水は出ているかどうか確認する

給湯器でトラブルが起き、お湯が出ない場合、そもそもお水そのものが出ていないということもあります。水がなければ、もちろん給湯器はお湯を作り出すことができませんので、お湯が出ないのは当然のことです。まずは、お水が出ているかどうかを確認するようにしてください。また、お水が出ない場所は1か所なのか、いくつもの蛇口からお水が出ないのかもチェックしましょう。

ガスが正常に通っているのかを確認する

給湯器までお水が届いていても、ガスが正常に届いていなければ、同様にお湯を作り出すことができません。まずは、ガスの元栓が閉まっていないかどうか、ガスコンロは正常に火がつくかどうかを確認してください。また、ガスメーターも確認しましょう。ガスが遮断されていれば、ガスメーターも動いていないはずです。ガスが遮断されていても、ガスメーターから復旧の作業ができます。また、プロパンガスの場合は、ガス切れではないかどうかを確かめましょう。

給湯器が故障している可能性を考慮する

ここまで確認をして異常が見られない場合は、給湯器本体に異常が生じている可能性が考えられます。給湯器にエラーコードが表示されていないかどうか、確認をしましょう。取扱説明書にエラーコードの詳細が記載されていますし、ホームページでも確認が可能です。

給湯器にエラーコードが表示されていない場合は、設定温度が正しい温度になっているのかリモコンで設定を確認しましょう。また、給湯器本体の電源が入っているかどうかの確認も重要です。