給湯器から水漏れが起着ている場合、その原因として考えられるものには、どのようなものがあるのでしょうか。給湯器の水漏れの原因となりやすいものをご紹介します。

 

配管が凍結することによる水漏れ

 

冬場に多く見られる原因のひとつとして、配管の凍結による水漏れが考えられます。給湯器が凍結するなんて、北海道や東北地方といった寒冷地でなければ関係がないと思われがちなのですが、実はこういった寒冷地の給湯器には寒冷地仕様のものが使われているため、反対に凍結に関しては心配する必要がないのです、そのため、配管の凍結が多いとされるのは、比較的暖かいとされている関東が多いです。

 

関東でも年に数回ほど、冬場に氷点下になることがありますが、こういう日が危険です。水が氷になれば体積が増えて、膨張し始めます。すると、配管内で凍った水は行き場をなくし、配管を破裂させてしまうのです。配管が破裂してしまえば、当然その部分より水漏れが起こります。この場合は、配管を交換する必要がありますし、状況によっては給湯器本体の交換が必要となるケースもあります。

 

部品の劣化で起きる水漏れ

 

給湯器の配管接続部にはパキンというゴムでできた部品を用いることで、水漏れが防がれています。しかし、このパッキンには寿命があるので、10年も使い続けいていると硬化してしまい、弾力がなくなって、本来の役目が果たせなくなって水漏れが起きてしまうのです。パッキンの劣化は、使用する箇所により傷みやすさが異なりますが、1箇所でもパッキンの劣化が分かったのであれば、他の箇所のパッキンも交換しておいた方がいいでしょう。

 

取付工事の際の作業ミス

 

あってはならないことではあるのですが、経験が豊富な作業が給水配管をすれば水漏れなどは起こらないものの、経験が浅い新人、素人が自分でどうにかしようと修理をしたような場合は、水漏れが起こりやすくなります。

 

工事や修理をした時には問題がないように見えても、時間が経過するごとに接続部に

負担がかかって、最終的には水漏れが発生してしまうのです。このような場合は、工事業者に連絡をして修理してもらいましょう。自分で修理をしたのでない限りは、取り付け業者の水となり、基本的に無料で修理をしてもらえるでしょう。