給湯器から水が漏れているのを見つけたら、故障したのではないかと心配になるものです。しかし、もともと給湯器には給湯器本体の故障を防ぐため、自動的に水抜きをする機能が搭載されています。そのため、水漏れがこの自動機能によるものなのか、故障による不具合で起きている水漏れなのかを見分けなければなりません。

 

まずは、給湯器の電源を切る

 

水漏れを発見すると、とにかく慌てて修理業者へ連絡することばかりに頭が周りがちです。しかし、ここは落ち着いて、まずは給湯器の電源を切ってください。給湯器によって電源の操作方法は違いますが、多くの場合はパネル操作になっているはずです。

 

どこから水漏れが起きているのかを確認する

 

水漏れが起きているということは、どこかに水滴が落ちている箇所があるはずです。その場所を見つけ、どこで水漏れが発生しているのかを特定しましょう。ちなみに、水漏れが起きやすい箇所としては、水抜き栓、給湯器本体、配管接続部などです。そして、そのなかの水抜き栓からの水漏れは問題ありません。

 

給湯器というものは、内部の圧が高まれば、自動的で水が抜かれて圧が下がる仕組みになっているためです。しばらくして水漏れが止まるようであれば修理は必要ありませんが、いつまでも水漏れしている場合は、やはり修理を依頼した方がいいでしょう。

 

また、配管接続部より水漏れが起きていたり、給湯器本体より水漏れが発生したりしている場合は、使用を中止するようにしてください。給湯器を止めても水漏れが続くようであれば、給水元栓を閉め、給湯器内に水が入らないようにしましょう。

 

水漏れを放置しておくのは危険!

 

特に給湯器本体からの水漏れの場合は、少し危険です。必ず修理や交換をした方がいいので、そのまま放っておくことなく、専門業者に依頼しましょう。