給湯器は生活に欠かせないものです。急にお湯が出なくなれば、非常に困ります。すぐに修理業者に連絡をして修理の依頼をすべきなのですが、自分でできる対処法がありますので、そちらをご紹介しましょう。

給湯器からガスの臭いがしている時は換気を

これは修理を依頼する前に必ず行っていただきたいことです。給湯器からガスの臭いがしているということは、ガスが漏れている証拠です。そのままでは大変危険ですので、必ず換気をするようにしてください。まず、ガスの臭いがするような給湯器は何も触らない方が無難です。窓を開けて換気をしてください。

他のガス機器の状態を確認する

給湯器からガスの臭いがしていない場合は、他のガス機器は正常に作動するかどうかを確認してください。ガスコンロやガスストーブなどが作動するようであれば、ガスは通っている状態だということがわかります。もしも、他のガス機器が作動しないのであれば、ガスそのものが通っていない状態だと考えられるでしょう。

後者のようにガスが通っていない可能性が高い場合は、ガスメーターをチェックしましょう。ガスメーターは、震度5ほどの大きな地震が起きると、自動でガスの供給をストップする機能を備えています。そのため、なんらかの原因でガスが止まっているようであれば、ガスメーターに搭載されている「復帰ボタン」を押す必要があるのです。

給湯器の状況を確認する

他のガス機器は正常に作動している、ガスも正常に通っているということが確認できた場合、次のような点を確認しましょう。

・給湯器の設定温度が低い状態ではないか

・給湯器のコンセントは外れていないか

・給湯器のリモコンのスイッチはオンになっているか

・ブレーカーが落ちてはいないか また、給湯器にエラー番号が表示されるタイプの場合は、そのエラー番号で何が原因なのかを特定することが可能です。取扱説明書またはサービスセンターなどで番号から、どのような状況が起きているのかを確かめましょう。そして、必要であれば修理を依頼してください