給湯器を使っていて、熱湯だけが出る状態になると、かなり困ってしまうものです。そんなトラブルが起きたら、まずは原因を考えてみましょう。場合によっては、すぐに問題を解決できることもあります。

ありがちな原因を紹介していくので、不具合が起きたときは、ぜひチェックしてみてください。

<フィルターが詰まっている>

循環フィルターにゴミなどが付着し、すっかり詰まった状態になっていると、温度調節の機能に悪影響を与えます。そのため、まったく掃除をせずに長く使い続けていると、温度がおかしくなる可能性が高いのです。

その場合、熱くなるだけでなく、ぬるくなってしまうこともあります。適温に調節したくても、なかなか思い通りに動いてくれません。

そんなときは、フィルターを点検し、詰まっているものを取り除いてみてください。きれいにしてから使えば、正常に動くようになります。

<ガス栓や給水元栓がきちんと開いていない>

お湯を快適に使うためには、ガス栓や給水元栓を、しっかりと全開にしておく必要があります。もし開ききっていなかった場合は、給湯温度がおかしくなり、必要以上に高温の状態で出てくることが多いので、気をつけてください。

あまり栓に触れていないとしても、熱すぎるお湯だけが出るときは、念のため確認してみることをおすすめします。もし中途半端になっているようなら、思い切り開いておきましょう。

<量が少なすぎる>

お湯の量を絞っているとき、熱すぎるお湯で困ってしまうようなら、少し増やして出してみましょう。出湯量は、温度調節に影響するポイントです。給湯器が稼働するギリギリの量になっていると、無駄に熱くなることがあります。

節水したいときなどは量を減らすこともありますが、熱すぎるときは、遠慮せずにたくさん出し、もう一度試してください。

ただし、いきなり手で触れると火傷の危険もあるので、試すときは水温計などを使ってください。

<気温が高い>

夏は気温が高くなるため、水の温度も常に高い状態になっています。そんなときは、お湯の温度も上昇しがちです。

給湯器は、ガスで水を温めることでお湯を出しています。夏に使うときは、すでに高い温度になっているところを、さらに温めてしまうため、予想外の熱さで出てくることがあるのです。

これは故障というわけではなく、夏になると起きる可能性があることなので、落ち着いて対処しましょう。お湯の量を増やせば、徐々に設定温度へ近くなっていきます。

<台所でお湯の温度を変えた>

給湯器のリモコンが2つあり、台所と浴室で使っているときは、台所での設定変更が原因になることもあります。

シャワーを使っているとき、台所で誰かが温度を上げると、それに合わせて浴室の温度も上がってしまうのです。逆のパターンが起こり、台所で急に熱湯が出ることも考えられます。

この問題は、優先ボタンで解決していきましょう。メーカーや商品によって微妙な違いはあるものの、優先ボタンを押しておけば、どちらか一方の温度を上げても、温度が引っ張られることはなくなります。

<サーボモーターの故障>

いろいろな原因を疑ってみても、まったく問題が解決しないときは、サーボモーターが故障しているかもしれません。特に、長く使っている給湯器は要注意です。10年以上使い続けたものは、寿命で不具合が起きている可能性があります。

あまり使っていない商品なら部品交換で済むこともありますが、長く使用している場合は、買い替えを検討してみましょう。あまりに古くなっていると、たとえサーボモーターが新品になっても、他の不具合が起こりやすくなります。温度調節以外のトラブルも防ぐなら、まるごと交換した方が安心できるでしょう。